美術館について

横尾忠則現代美術館

美術館紹介

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館しました。

当館では、コレクションを軸に、国際的に高く評価されている横尾忠則芸術の魅力を国内外にアピールするとともに、横尾と関わりのある様々な分野のアーティストや、横尾作品に関連するテーマ展など、多彩な展覧会を開催します。
通常の展示・保存機能の他にも、当館はユニークな設備を備えています。アーカイブルームでは、膨大な関連資料の保管・調査・研究を行います。横尾忠則の創作の秘密に迫る資料の数々は、その幅広い交流関係を反映し、まさに戦後文化史を物語る貴重なものだといえるでしょう。さらにオープンスタジオでは、レクチャーやワークショップ、コンサート、公開制作など、子どもから大人まで幅広い世代を対象とした、様々なイベントを展開していきます。

建物概要

設置者 :兵庫県
運営主体:(公財)兵庫県芸術文化協会
規模構造:鉄骨鉄筋コンクリート地上4階、地下1階
建築面積:756.14㎡
延床面積:2970.81㎡
設 計 :村野藤吾・兵庫県県土整備部営繕課
竣 工 :1982年
改 築 :2012年

沿革

1982年 9月 兵庫県立近代美術館新館(西館)開館
2001年 9月 兵庫県立美術館「芸術の館」へ移転準備のため休館
2002年 10月 原田の森ギャラリー(兵庫県立美術館王子分館)としてリニューアル・オープン
2007年 8月 横尾忠則氏から兵庫県に作品・資料の寄贈・寄託の申し出
9月 横尾忠則寄贈作品活用検討委員会発足
2009年 9月 原田の森ギャラリー西館、老朽化に伴う改修工事のため利用を停止
2010年 5月 原田の森ギャラリー西館整備企画委員会発足
2011年 3月 原田の森ギャラリー西館改修工事着工
9月 横尾忠則氏からの作品・資料の寄贈・寄託について基本的に合意
12月 原田の森ギャラリー西館整備企画委員会から、作品・資料の活用場所として同館が相応しいとの提言
2012年 3月 原田の森ギャラリー西館改修工事竣工
11月 横尾忠則現代美術館開館