展覧会 EXHIBITIONS

Curators in Panic
〜 横尾忠則展 学芸員危機一髪

《方舟に持ち込む一冊の本》 1996年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)


2021年から2022年にかけて国内外で開催予定の横尾忠則の大規模な個展に、当館の横尾作品も引っ張りだこ。喜ばしい反面、約140点もの作品が収蔵庫から消えても果たして企画展は開催できるのか? 学芸員はパニック状態です。

そこで、3名の学芸員が過去に企画した展覧会を振り返り、収蔵品の中からそれぞれの「推し作品」を勝手におすすめすることにしました。日ごろの調査の中で発見したこと、展覧会にまつわるエピソード、ただただ好きな作品......。選抜メンバーを逃した「うちの子」たちへの愛情を語ります。

開幕と同時にコロナ禍に見舞われた「兵庫県立横尾救急病院展」、その最中に企画された「横尾忠則の緊急事態宣言」展に続き、混乱の中での美術館活動を映し出す試みです。


[会期]
2021年3月27日(土)-8月22日(日)

開館時間:10:00-18:00  [入場は閉館の30分前まで]     
休館日 :月曜日[ただし5月3日(月・祝)、8月9日(月・振休)は開館、5月6日(木)、8月10日(火)は休館

[会場]
横尾忠則現代美術館

[主催]
横尾忠則現代美術館([公財]兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社

[後援]
サンテレビジョン、ラジオ関西

[協力]
ホテルオークラ神戸


*新型コロナウイルス感染状況によっては、内容が一部変更になる可能性がございます
*その他の詳細は、決まり次第お知らせいたします


《近未来への出発》 2019年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

《死者の洞窟》 1985年頃 横尾忠則現代美術館蔵

《マン・レイの夢》 1987年頃 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

《時代の肖像》 1991年 横尾忠則現代美術館蔵

《落下するビートルズ》 1991年頃 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

《同士討ち》 1994年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

《大入満員》 1994年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

《妖花》 2017年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)