展覧会 EXHIBITIONS

人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展

YT_03012_S.jpg
《Panicぱにっくパニック》 2002-2012年 作家蔵(当館寄託)


横尾忠則の作品には、様々な「笑い」の要素が見られます。緊張感ある画面にふと現れる弛緩的な事物の導入や、本来出会うことのないモチーフどうしの組み合わせ、夢を思わせる不条理な場面設定、批評精神あふれるパロディなど、子どもの遊びのような無邪気さとシュルレアリスムの手法をあわせ持つ重層的な画面構成は、横尾芸術の特徴といえるでしょう。
本展では、作品に散りばめられたユーモアやウィット、その構成要素となっている謎と毒に注目し、横尾から鑑賞者への挑戦ともとれる笑いの正体を探ります。


[会期]
2019年5月25日(土)-8月25日(日)

開館時間:10:00-18:00[金・土曜日は20:00まで]
     入場は閉館の30分前まで
休館日 :月曜日[ただし祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館]

[会場]
横尾忠則現代美術館

[主催]
横尾忠則現代美術館([公財]兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社

[協力]
国立能楽堂、ホテルオークラ神戸

[観覧料]
一般 700(550)円
大学生 550(400)円
70歳以上 350(250)円
高校生以下 無料 

※( )内は20名以上の団体および前売料金 
※70歳以上は前売はいたしません 
※障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。その介護の方(1名)は 無料
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券をご提示いただくと、横尾忠則現代美術館の企画展が団体割引料金でご覧いただけます


*その他の詳細は、決まり次第お知らせいたします