展覧会 EXHIBITIONS

ようこそ!横尾温泉郷

O-0.jpg

2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表します。まげを結った浮世絵ふうの女性たちが、身体を洗ったり、湯ぶねに浸かったり、にぎやかにくつろぐ姿を描いたこれらの連作は、横尾が幼少時代に見た女湯のイメージを反映しつつ、江戸の遊び絵にも通じる様々な仕掛けが画面のあちこちに隠されたユーモアあふれる作品となっています。この〈銭湯シリーズ〉の発表をきっかけに、横尾は入浴にまつわるもう一つのユニークな作品群〈温泉シリーズ〉を展開します。雑誌の企画で国内の温泉地を旅しながら、紀行文と作品を掲載するという仕事を依頼された横尾は、2005年から約3年間にわたって各地の温泉を訪れ、現地での取材をもとに制作を行いました。それは単なる旅のスケッチではなく、人々との出会いや、その土地の歴史、遭遇した出来事などが、横尾の個人的な記憶やイメージと結びついて構成された、特異なヴィジョンであるといえるでしょう。
「ようこそ!横尾温泉郷」と題する本展では、これら2つのシリーズを軸に、美術館を温泉施設に見立て、横尾の体験を通した温泉と観光の旅へとみなさまを誘います。旅と連動した〈温泉シリーズ〉を中心に、70年代から今日にかけて日本各地を舞台に制作された絵画、版画、観光ポスターなどを交えながら、各地の温泉、旅先のY字路、名所旧跡などを巡ります。観光のあとは、〈銭湯シリーズ〉の浴女たちが待つ大浴場へ。館内には温泉卓球場やお土産処もご用意し、みなさまのお越しをお待ちしております。

[会期]
2016年12月17日(土)〜2017年3月26日(日)
開館時間:10:00−18:00[金・土曜日は−20:00、ただし12月30日(金)は−18:00]
     入場は閉館の30分前まで
休館日 :月曜日[ただし3月20日(月・祝)は開館、3月21日(火)は休館]
     年末年始・メンテナンス休館[12月31日(土)−1月13日(金)]

[会場]
横尾忠則現代美術館

[主催]
横尾忠則現代美術館〔(公財)兵庫県芸術文化協会〕、神戸新聞社、産経新聞社 

[後援]
兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西

[協力]
ホテルオークラ神戸、城崎温泉旅館協同組合、スジャータめいらく株式会社 

[観覧料]
一般700(560)円
大学生550(440)円
高校生・65歳以上350(280)円
中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体および前売料金 
※高校生・65歳以上は前売はいたしません 
※前売券は12月16日(金)までローソンチケットで一般、大学生のみ販売(Lコード: 53876)
※ローソンチケットは当日券(一般、大学生のみ)も販売しています 
※障がいのある方(65歳以上除く)は各観覧料員の半額、その介護の方(1名)は 無料
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券をご提示いただくと、横尾忠則現代美術館の企画展が団体割引料金でご覧いただけます

[関連事業]
講師:慈 憲一(naddist)
日時:3月4日(土)13:00〜15:00
会場:横尾忠則現代美術館、水道筋商店街界隈
定員:20名
参加費:無料
※要申込み、応募者多数の場合は抽選
※高校生以上は要展覧会チケット
※小学生以下は保護者の付き添いが必要

日時:2月11日(土)13:30〜
会場:当館オープンスタジオ
定員:ダブルス16組
対象:どなたでも
参加費:無料、高校生以上は要展覧会チケット
※要申込み、応募者多数の場合は抽選
※必ず2名以上(4名まで可)でお申込みください
※小学生以下は保護者の付き添いが必要

学芸員のガイドで展覧会を鑑賞します
講師:当館学芸員
日時:1月28日(土)、3月11日(土)いずれも14:00〜14:45
集合場所:当館オープンスタジオ
※聴講無料、要展覧会チケット

O-1.jpg
《乙女湯(へちまと壺)》2004年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託) 

O-2.jpg
《金の湯》2005年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託) 

O-3.jpg
《城崎幻想》2006年 作家蔵 

O-4.jpg
《草津よいとこ一度はおいで》2005年 個人蔵 

O-5.jpg
《熊本温泉タンゴ》2005年 熊本市現代美術館蔵

O-6.jpg
《銭湯》2002年 京都国立近代美術館蔵

O-7.jpg
《東京都公衆浴場業生活衛生同業組合(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)》2001年 横尾忠則現代美術館蔵