展覧会 EXHIBITIONS

阪神・淡路大震災20年展
横尾探検隊 LOST IN YOKOO JUNGLE

横尾探検隊_B2ポスター.jpg

故郷・西脇で見た景色や、愛読書の登場人物、劇場で見た映画など、幼少期の体験は、横尾にとってインスピレーションの源泉であり、様々な形で作品に反映されています。例えば、学生服を着た少年たちは江戸川乱歩の小説に登場する少年探偵団。海中を彷徨う潜水夫はジュール・ヴェルヌの『海底二万里』から引用され、密林や洞窟の風景は絵物語『少年王者』やターザン映画を思わせます。そうした作品からは横尾が持ち続けている少年の心が感じられると同時に、子どもの頃に誰しもが持っていた冒険心や、目に映る全ての物にワクワクしていた気持ちを思い出させてくれます。  本展では横尾少年を取り巻いていた物事が作品に与えた影響を紹介すると共に、実際に読んでいた書籍や、制作の手がかりとなるアーカイブ資料をあわせて紹介することで、そこに潜む横尾の「遊び心」に注目します。


[会期]
2014年4月12日(土)~6月29日(日)
開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は~20:00) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 :月曜日〔ただし5月5日(月)は開館、5月7日(水)は休館〕

[会場]
横尾忠則現代美術館

[主催]
横尾忠則現代美術館(〔公財〕兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社

[後援]
兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西

[協力]
株式会社芸術新聞社、株式会社コスミック出版、ホテルオークラ神戸

[観覧料]
一般500(400)円
大学生400(320)円
高校生・65歳以上250(200)円
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障がいのある方とその介護の方(1名)は各当日料金の半額(65歳以上除く)
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※当日券のみの販売となっております

[関連事業]
講演会
講 師:二名良日(探検家)
日 時:4月20日(日) 14:00〜 1時間半程度
会 場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
定 員:100名(当日先着順)
※聴講無料・要展覧会チケット

Y+T上映会
日 時:4月26日(土)18:00〜 2時間程度 *途中入退場可能
会 場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
定 員:50名(当日先着順)
参加費:無料(要展覧会チケット)
※小学生は保護者同伴のこと

美術館に壁画を出現させよう
講師:当館スタッフ
日 時:5月4日(日) 14:00〜 2時間程度
会 場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
対 象:小学生から(大人のみの参加も可) 
定 員:20名
参加費:無料(要展覧会チケット)
協 力:株式会社芸術新聞社
※小学生は保護者同伴のこと
※要予約。往復はがき・メールにて申し込み、応募者多数の場合は抽選を行います

隊員募集!横尾ジャングルを探検しよう!
講 師:当館スタッフ
日 時:4月29日(火・祝)、5月24日(土)、6月8日(日)  
   いずれも14:00〜 1時間程度 *オープンスタジオに集合
※参加無料・要展覧会チケット

※上記関連事業の詳細については決定次第、随時お知らせいたします


F-1.jpg
《HORAIZA》2001年  横尾忠則現代美術館蔵

F-2.jpg
《怪人二十面相道後に現る》2007年  作家蔵

F-3.jpg
《地球の果てまでつれてって》1994年  作家蔵

F-4.jpg
《シマヤだしの素(シマヤ)》1978年  横尾忠則現代美術館蔵

F-5.jpg
《TARZAN(Blue)》1974年  作家蔵

F-6.jpg
《北斗基地》1995年  作家蔵