展覧会 EXHIBITIONS

開館記念展II
横尾忠則展「ワード・イン・アート」

B1s.jpg

 横尾忠則現代美術館の開館第2弾目となる本展では、横尾忠則の作品に描かれた文字に焦点を当てます。横尾忠則の絵画には、様々なかたちで文字が書き込まれています。絵画に文字を書き込むこと自体は、とりたてて珍しいことではなく、東洋美術や、中世までの西洋絵画、あるいは近現代の美術でもしばしば行われています。横尾の作品における文字の独自性は、その文字が用いられる意味の多様性にあります。
 本展では、画家・横尾忠則の作品にみる文字の様々なあり方を、1. 絵画のなかのタイポグラフィ、2. 表示する文字/記録する文字、3. 風景のなかの文字、4. メッセージを伝える文字の4つのパートに分けて紹介します。また、グラフィック・デザイナーとしての仕事の中から、文字のデザインが特徴的な作品もいくつか展示します。
 1950年代のポスターから、1980年代の初期油彩作品、未発表の最新作まで、60年に及ぶ横尾忠則の画業の中から、文字を含んだ作品約75点を精選した本展は、様々なメディアを往還しながら制作を続ける横尾忠則の本質に迫る貴重な機会となるでしょう。


開館記念展II 横尾忠則展「ワード・イン・アート〜字は絵のごとく 絵は字のごとく」

[会期]
2013年3月2日(土)~6月30日(日)
開館時間   10:00~18:00(金・土曜日は~20:00)入場は閉館の30分前まで
休館日       月曜日〔ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館、4月30日(火)、5月7日(火)は休館〕

[会場]
横尾忠則現代美術館

[主催]
横尾忠則現代美術館(〔公財〕兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社

[後援]
兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西

[協力]
ホテルオークラ神戸


[観覧料]
一般800(600)円
大学生600(400)円
高校生・65歳以上400(300)円
中学生以下無料
※( )内は前売料金および20名以上の団体割引料金(高校生・65歳以上は前売なし)
※ 障害のある方とその介護の方(1名)は各当日料金の半額(65歳以上除く)
※ 割引を受けられる方は、証明できるものを持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※ 前売は3月1日まで販売します。会期中は販売しません
※ 前売券発券場所:チケットぴあ(Pコード:765-579)、ローソンチケット(Lコード:57540)、その他コンビニエンスストア、主要プレイガイドほか

[関連事業]
講師:横尾忠則
日時:3月2日(土)14:00〜15:30
会場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
※ 聴講無料(150席・当日先着順)
※終了しました。多数のご来場ありがとうございました

日時:4月13日(土)、14日(日)、6月15日(土)、16日(日)の午後(時間未定)
※6月15日(土)、16日(日)の横尾忠則公開制作は横尾氏の体調不良により、中止となりました。悪しからずご了承ください。
会場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
※ 観覧無料
※ 日程は変更される場合がありますので、当HPのトピックス等でご確認下さい
※終了しました。多数のご来場ありがとうございました

講師:加治屋健司(広島市立大学准教授)
日時:5月18日(土)14:00〜
会場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
※ 聴講無料(150席・当日先着順)
※終了しました。多数のご来場ありがとうございました

講師:当館学芸員
日時:3月23日(土)、4月20日(土)、5月4日(土)、6月1日(土)14:00〜14:45
会場:横尾忠則現代美術館 オープンスタジオ
※ 聴講無料(100席・当日先着順)
※終了しました。多数のご来場ありがとうございました



[図録通販]
本展の図録(税込¥2,400)の通信販売を行っております
詳しくはこちらをご覧ください



《ME MELANCHOLIA》 2010年 作家蔵
MEMELANCHOLIA.jpg

《変容の海》 1986年 姫路市立美術館蔵Wonderland.jpg

《ノンフィニート》 2005年 熊本市現代美術館蔵ノンフィニート.jpg

《LIE LIE LIE》 2009年 横尾忠則現代美術館蔵LieLieLie.jpg

《天の足音》 1996年 広島市現代美術館寄託天の足音.jpg

《N. P》 2012年 作家蔵N.P.jpg